Blogブログ
  • HOME
  • ブログ
  • ドライヤーの冷風、何の為にあるのか知ってますか???

ドライヤーの冷風、何の為にあるのか知ってますか???

こんにちは!
中野・新中野の美容室、アンビエントの鈴木です。

 

先日お客様との会話の中でこんな事がありました。

お客様:「ドライヤーの冷風って何の為にあるんですか?」

僕:
「・・・・・」
「・・・・・」
「・・・」

僕:「えっ???
しっ、知らないんですか!?」

 

 

僕達美容師は、普通に使っていたから意識した事がなかったですが、
案外こういうちょっとした事、お客様は知らないんですよね。

 

こういう当たり前と思っていた事が、何気に皆さんは知らない。
きっとこういった事、多分もっと沢山あるんだと思います。

 

 

このようなちょっとした疑問を少しでも解決、共有していけるように、
日々考えていかないといけないと思いました。

 

 

さて本題に移りますが、

ドライヤーの冷風、実は髪や頭皮に対して、とても重要な役目を持っているんですね。

 

 

今回はそれをお教え致しましょう!!

ドライヤーの冷風は何の為にあるの?


一つ目

セットしたスタイルを長持ちさせる事ができる。

髪の毛は熱を加えると柔らかくなり、冷やすと固まる性質があります。
ですので温風でセットし、最後に冷風をあてて冷やすと、セット力が増します。



二つ目

髪の毛にツヤを出す。

濡れた状態だとキューティクルが開いたままなので、乾かした方がいいのは皆様もご存知かと思います。
しかしキューティクルはドライヤーで乾かした後も完全には閉じず、冷えると少しずつ閉じていくんです。

ドライヤーをかけた後、髪の毛がぼわっと広がっていることありませんか?
あれはまだキューティクルが閉じきってない証拠です。

ここで冷風の出番です。冷えると徐々に閉じるキューティクルを一気に冷まして閉じてあげましょう。
そうする事で、髪表面のキューティクルが整い、ツヤが出ます。



三つ目

髪の毛のボリュームをコントロール出来る。

これは一つ目でも言いましたが、髪は冷えると固まるというのを理用して、ボリュームを抑えたいところは、
熱を当ててから手で抑え、隙間から冷風を当てると、簡単にボリュームダウンさせる事が出来ます。

逆にボリュームを出したい時は、ボリュームを出したい部分を、握ったり、立ち上げたりしながら温風をあて、
その後握ったまま冷風をあてると、ボリュームが出たまま固定され、フワッとします。



最後

暑い時に冷風をあてると涼しくなれる。

これは誰しもがやった事、ありますよね(笑)





いかがでしたか?
ドライヤーの冷風、実は結構重要な役割をしている事、わかって頂けましたか?

冷風を使うタイミングは、セットした後や、乾かした後です。
濡れている時使っても意味はないですからね。
最後の仕上げで使ってくださいね。


是非騙されたと思ってやってみてください。
髪にツヤが出て綺麗になりますので!!

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

ご予約や、髪に関するお悩み・ご質問も受付けておりますので、
是非お気軽にご連絡下さい!

メール: info@ambient-hair.com

LINE@:addfriends_ja

 

中野・新中野美容室 アンビエントヘアー
http://www.ambient-hair.comi

関連記事