Blogブログ

意外と知らない髪の毛の乾かし方 その4

今回は前回の続きで、
『ボリュームを抑えたい方』の乾かし方です。

その前に前回のおさらい

Ambient-Hair
 
Ambient-Hair
http://ambient-hair.com/blog-owner/how-to-dry3
中野 新中野の美容室 アンビエント・ヘアー

さてボリュームの抑え方ですが、
やはり最初は基本的な乾かし方から始めます。

基本的な乾かし方、皆さん覚えているでしょうか?

きっと忘れている方もいると思います。

いいんです、いいんです。

そんなあなたに、しつこいですが、再度お教えします。

≪基本下準備≫

★根元から髪の毛がしっかり濡れている事。

→乾いた状態でドライヤーをかけても、あまりクセは付きませんし、逆にクセも取れません。またオーバードライ(乾かし過ぎな状態)になってしまいます。

★しっかりとタオルドライをする。

→乾かし方その1でお話ししたように、タオルドライはしっかりやりましょう。
ただ濡れていればいいわけではありません。

★根元から乾かす。

→毛先は(根元にくらべ、外からのダメージを受けている分)傷んでいるので水分が飛びやすいです。
毛先の乾かし過ぎにならないように必ず根元から乾かしましょう。

★近くで乾かしすぎない。

→近すぎると地肌も、髪の毛も高温になりすぎて傷みの原因となります。

※ここでワンポイントですよ!!
手首を使って、ドライヤーの先端を振りながら温風をあてると、
熱が一か所に集中しないので、
髪の毛が傷むのを防ぐ事が出来ますよ。

以上が4つの基本的な乾かし方です。

思い出して頂けましたでしょうか?

では早速

ボリュームを抑える乾かし方

まず4つの基本事項をある程度行い、全体に水分を飛ばして7割から8割ほど乾いたら、

今度は後ろから前へ向かって、ドライヤーをあてて下さい。

髪の毛に対して、ドライヤーを上から下にあてます。
これポイントです。

ボリュームを出すやり方とは異なるので気をつけて下さいね。

コツとしましては、
手で根元から毛先まで、髪を軽く引っ張りながら乾かすと、
髪の表面が整い、より収まりよく仕上がりますよ。

更に後ろから前に向かって乾かす時に、毛先に向かって手を少し内側に回転させながら乾かすと、
毛先が内巻きに入りやすくなりまとまりが出てきます。

そして最後は、冷風です。
上から下へ、根元から毛先まで、手で少し引っ張りながらあてていきましょう。

全体的にボリュームダウンして艶もでて落ち着きますよ。

※ここでワンポイント
根元近くをボリュームダウンさせたい時は、一度ドライヤーの温風をあて、
その箇所をすぐに手で押さえましょう、すると手で冷やされボリュームダウンします。

ただ残念ながら、今のような湿気が多い時期などは、朝に髪をセットしたとしても、
時間が経つにつれ、どうしてもクセが出て広がってきてしまう事があります。
そんな方には、やはりストレートパーマがおススメです。

ストレートにすれば、日々のお手入れが、断然楽になります。

Ambient-Hair
Ambient-Hair
http://ambient-hair.com/blog-owner/cosme-straight
中野 新中野の美容室 アンビエント・ヘアー

いかがでしたか?

今度はパーマをかけた時の乾かし方や、前髪が割れてしまう方の乾かし方をお伝えします。

また、他にも知りたい乾かし方や、疑問などあれば、どんどん質問下さい。

最後までお読み頂きありがとうございました。

メール: info@ambient-hair.com

LINE@:↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ご予約や、髪に関するお悩み・ご質問も受付けておりますので、
是非お気軽にご登録ください!

addfriends_ja

中野・新中野美容室 アンビエントヘアー
http://www.ambient-hair.com

関連記事

ブログ

検索